ショッピングカートを見る
▼ 商品検索

ホームUSED/NEW PUNK/POWER POP(LP/7INCH/CD/BOOK)(7inch)Privateways/Touch And Thaw(国内盤)
(7inch)Privateways/Touch And Thaw(国内盤)
時を経て2015年夏。
2002年に発行されたzine「CRASH AND BURN」を今更ながら手に入れ読み返す。 コック・スクラッチからプライヴェート・ウェイズへの流れやNEEDLE RECORDSの思惑などが 綴られた、その一見薄い1冊は、そこら辺のゴミみたいな音楽雑誌の何倍も読み応えのある内容で ここ数日繰り返し読んでいる。本当に嫌になるくらい今更ではあるが プライヴェート・ウェイズがプライヴェート・ウェイズである理由が納得できたのはこの1冊のおかげ。 すっかり彼らに文字通り踊らされつづけているワケですが 気分は悪く無い。 君も踊らされてみませんか? **************************************** とにかく最高なパンク・チューン!
(以下ブログより転載)
「自分達のロックを自分達の音でやろう」(DOLL March 1998 NO.127 より引用)
(やはり)はじまりは、V.A./クロロホルム
そこに収録されていた、コックスクラッチ。
これぞパンクなインナースリーブや安全ピンをあしらったレーベルのロゴが いちいち、いかす。 そんな7'をリリース。 その中のメンバーが、新しくはじめたバンド。
記憶が曖昧ではあるが、何かのライブを観に行ったときの 1組目が彼らで、 ただでさへ、一種独特な緊張感のあるライブハウスの空気。
そこで(初めて観た)ススム氏の毒のあるヴォーカルに 正直恐怖感すら感じた。
鬼気迫るというのか、ピストルズとか好きなあんちゃんが ジョニーっぽく決めてみました・・・。 なんてのとは、比べる事自体がまちがっているけれど、 改めて「パンク・ロック」って怖さも持っているものなんだと 思わされた瞬間だった。
すっかりPrivatewaysの事で、頭が一杯になったボクは 「BETTER OFF GIVIN'IN」ep「touch and thaw」ep「V.A./ad vice」などを 買い集め、繰り返し、繰り返し、聴き続けた。
MODSっぽいとか、POPと言うのは、ちがう気もするし NEW WAVEっぽいの一言で片付ける事もできない 決まりの悪いバンド。
曲もAメロがあってBメロ。はいAメロ。んでB。それでCのサビ。 そんなの1曲もない。
BREAKfASTとのスプリット・リリース
MANGROVEレーベルでの彼らは、ハードコアを思わせる。
それでもやはり「パンク」を感じさせるこのバンドがボクは とにかく好きだ。 そしてそれは、今でも変わらない。
上記のブログを読み返してみても あながち的外れでは無いきがします。再入荷!
国内盤、ジャケット良好、盤スリキズありますが音に問題ありません。
A touch and thaw
B Nobody in the sky
詳しくはブログにて!

・ 型番
ROOT-016
・ 販売価格

0円(内税)

・ 購入数