ショッピングカートを見る
▼ 商品検索


  • (7inch)Back To Basics/Shaded Eyes E.P.(new)
    3rdシングルがリリース!

  • (LP)Boony Doon/Longwave(new)
    WOODSISTからの2nd!


  • (CD)Gofish新作CD「燐光」
    名盤!

    (CD)mangneng planet band
    初のCD発売!


  • (7inch)Konekoh / Found Love e.p.(new)
    Debut Single 発売中!


     
  • *ブログ
    「The Normal Years」

  • *Facebook

  • *Tumblr
    「Classics Records」

  • *mixi コミュニティ

  • ホーム-relax/STUDIO VOICE/SPECTATOR(雑誌)relax 84 特集『サンフランシスコ』『ビート禅』
    (雑誌)relax 84 特集『サンフランシスコ』『ビート禅』
    特集『サンフランシスコ』『ビート禅』
    もしかしたら、この号が1番好きかもしれません。
    憧れのサンフランシスコにはじまりマイク・ミルズに終わる。途中もヤン富田がナビゲートする『ビート禅』。アリ・マーカポラスの家族をテーマにしたポートレート。そして立花文穂の作品集と盛りだくさん。
    いずれも未だに好きだったり、気になったりしているテーマやアーティストばかり。
    サンフランシスコ特集にしても超有名人の姿はそこには無く、その街に深く自分達なりに関わり合いとプライド、優しさを持って生きている人たちにフォーカスは当たる。
    実際に旅行中足を運んだ「カフェ・トリエステ」では特集でも見られた様な(わりとイージーな雰囲気の)ライブにも遭遇したり。
    いつか訪れてやろうと目論んでいる「ショウエンバーグ・ギターズ」も素敵だ。
    店主が若い頃リリースしたレコードはウオント・リストから消せずにある。
    『ビート禅』特集とサンフランシスコ特集の架け橋的な役割をになうタクシー運転手のKOGURE氏の記事も事あるごとに目を通す。
    この号についてビール飲みながら「そーだそーだ」とワイワイやりたい位。
    そう。お薦めって事です!
    状態概ね良好。年月に伴うスレ、若干のシミ有り。
    送料はゆうメールですと340円です。

    ・ 販売価格

    0円(内税)

    ・ 購入数